逮捕


池袋で刑事事件の法律相談
【無料】池袋東口法律事務所

捜査が開始されると、被疑者が特定されてきます。その犯人が逃亡したり証拠隠滅をしないように、被疑者の身体を確保する必要があります。そのための手続が逮捕です。

+-----------+

逮捕
捜査機関が裁判所の逮捕状を得て行う短期間の強制的身体確保。警察が逮捕する場合と検察官が逮捕する場合がある。警察が逮捕した場合48時間以内に送検するか釈放せねばならない。被疑者に犯罪の疑いがあり、かつ、被疑者に逃亡の恐れがあったり、証拠隠滅の恐れがある場合になされる。収容の場所は警察留置場(俗に言うブタ箱)。

+-----------+

テレビで逮捕する瞬間を映しているときがあります。あの時、「何時何分、逮捕」とかやっているのをご存知でしょうか。逮捕というのは被疑者の身体を拘束する強力な処分ですから、48時間という厳格な時間制限があります。

また、被疑者を取調べるために逮捕があるような錯覚がありますが、そうではありません。取調べは逮捕の目的ではありません。もちろん逮捕されれば取調べはありますが、被疑者には黙秘権と弁護人選任権があります。逮捕後は無料で当番弁護士を呼ぶことができます。警察に弁護士を呼んでくれと言わないと来ないので言ってください。

尚、在宅事件といって、逃亡の恐れもなく、証拠隠滅の恐れもなく、逮捕する必要がないなら逮捕はされずに捜査が進みます。この場合、裁判になった時に裁判所から呼び出しがあります。

逮捕には3つの種類があります。次のページで説明します。


逮捕の方法