逮捕後の手続


池袋で刑事事件の法律相談
【無料】池袋東口法律事務所

警察官が逮捕する通常のケースについて逮捕後の手続きを説明します。逮捕されない在宅事件はこれとは違う流れです。

+-----------+

【逮捕】
@48時間以内…
警察官は逮捕後48時間以内に釈放するか検察官に送検するか決定
 ↓
【送検】
Aさらに24時間以内…
送検された場合、検察官は24時間以内に釈放するか被疑者勾留するか決定
 ↓
【被疑者勾留】
Bさらに10日以内…
被疑者勾留された場合、10日以内に釈放するか裁判をするか決定。勾留の場所は警察留置場か拘置所
 ↓
Cさらに10日以内…
Bで結論が出ない場合さらに10日被疑者勾留が延長
 ↓
【ここまでに処分保留釈放の場合を除き捜査の結論(※捜査の結論参照)が出る。以下は起訴された場合】
 ↓
【被告人勾留】
D裁判の開始から2ヶ月
勾留期間内に裁判がされると2ヶ月の被告人勾留
 ↓
Eさらに1ヶ月
必要があれば被告人勾留が1月延長
 ↓
F(一定の場合を除き)さらに1ヶ月毎
必要があれば被告人勾留が1月ずつ延長
 ↓
【判決】

+-----------+

裁判にならない場合は、@〜Cまで、逮捕後、最長23日で帰ってこれることになります。

通常Fで延々と勾留され続けることはありません。勾留の必要がなくなった時点で解放されます。ただ、判決も出ずに、何年も何年も勾留が続いているケースもあります(オウム事件;麻原)。

被告人勾留(DEF)では、保釈の請求ができます。保釈とはお金を積んで解放してもらうことです。資産に応じて、何千万になる場合もあり、逃げたりするとお金が没収されます。保釈が認められないケースもあります。

なお、犯人が違ういくつかの犯罪を犯していた場合は、A罪で逮捕された後に、さらにB罪で逮捕され勾留が続く場合があり、これを再逮捕などと呼びます。


拘置所の生活