刑事手続の目的


池袋で刑事事件の法律相談
【無料】池袋東口法律事務所

刑事手続の目的は、次の三点です。

+-----------+

@基本的人権の保障
A犯罪の真実を発見すること
B刑罰を適用し刑を科すこと

+-----------+

ほんの少し前に、日本には、犯罪を犯したと思われる者や思想的に問題がある者に対して、拷問で自白を強要し、処罰した時代がありました。世界の歴史を見ても、権力者が人々を好き勝手に罰していたのは、そう遠い昔のことではありません。あるいは今でも北朝鮮のように、悲劇は続いているのです。

現在の日本では、こうした横暴を避けるために、誰にでも人権はある、犯罪者にでも人権はある、という基本的人権思想を、刑事手続に徹底することを目指しています。

一方で犯罪者の人権を擁護し過ぎて、犯罪を犯した者を適正に処罰できないというのでは問題です。人々が集団として生活していくには、してはいけないことをしたならば、処罰しなければなりません。さもなくば、人々は安心して生活することはできません。

犯罪者の人権を守りつつ、適正に処罰をする。このことを実現するために定めたルールが刑事手続です。

このサイトでは刑事手続について、一般人が知っておいたら安心だろうというレベルで(必要&最小限度で)、解説します。

【注意】
難しい専門用語をわかりやすく書きなおしています。

また、現時点で何か具体的な問題を抱えている方は、個別に弁護士に相談することが必要です。弁護士はこのサイトに書かれていること位はすべて知っており、さらに事情に応じて個別的な対処をしてくれるからです。

もっとも、弁護士に相談する際に知っておくと良い前提知識は、このサイトで学べると思います。

※当サイトはスマホがない時代,パソコンが使えない人が多かった時代に,携帯電話向けに作られた情報提供サイトです。現在でも携帯電話でのネット閲覧しかできない方がたくさんいらっしゃいますので残してありますが,更新が不十分なところがありますのでお気を付け下さい。


刑事手続の解説