供述証拠の収集


池袋で刑事事件の法律相談
【無料】池袋東口法律事務所

捜査機関は、犯罪の捜査に必要があるときは、参考人や被疑者の出頭を求め、取調べることができます。

+-----------+

参考人取調べ
任意で、犯罪の情報を持つと思われる者を取り調べること。特定の犯罪を犯したと疑っているわけではない。黙秘権は告知されない。出頭を拒み、出頭しても退去する自由がある。目撃者や被害者も参考人である。特定の犯罪の疑いが生じれば↓になる。

被疑者取調べ
特定の犯罪について疑われる者を取り調べること。逮捕・勾留されている被疑者と逮捕されていない被疑者がいるが、逮捕されていなければ出頭を拒み、出頭しても退去する自由がある。取調べにあたって黙秘権の告知がされる。意思に反して供述する必要はない(黙秘権)。

+-----------+

取調べでは、捜査官は供述調書を作成します。この供述調書は、取調べでの発言を一言一句記録するものではなく、捜査官が理解したことを捜査官が物語形式でまとめるものです。従って、供述した側の意図した内容とは異なる調書が出来上がる可能性があります。もしも自分の主張と異なる調書だったなら、訂正を求めてください。納得いかないものしかできない場合は、最後に供述者が調書に署名・指印することを求められますが、その署名・指印を拒否して下さい。調書の訂正を求め,署名を拒否する権利は刑事訴訟法で認められています。この署名・指印はその調書が裁判で使えるかを左右する重要な意味を持っており,一度作成されてしまうと裁判で内容を覆すのは困難になることがあります。

また、身に覚えのない自白はしないでください。思い当るところがあって認めるにしても,物事の説明は難しいものです。へたな話をしては必要以上に不利益になることがありますから,まず弁護士に相談してからの方がよいでしょう。逮捕された後であれば弁護士を無料で呼ぶことができます。まずは弁護士と話しましょう。

逮捕については次の項目で説明します。


刑事手続の解説