被害にあった時


池袋で刑事事件の法律相談
【無料】池袋東口法律事務所

犯罪の被害にあった時に心がけるべき重要なポイントを書いておきます。

+-----------+

@証拠の収集・保全
ケガを負わされた場合は病院で診断書を取り、ケガの写真を撮影。その他現場の状況や、犯罪の証拠となるあらゆるものを保全。目撃者や証人を確保

A被害額の証明準備
加害者に請求するために治療費や交通費の領収書を保存。診断書を取る必要がある場合も

B加害者との示談対応
加害者本人もしくはその弁護士から示談の申込を受けた場合、その場で不用意に同意したりサインしたりせず、示談内容についてあなたも弁護士や信頼できる人間に内容の検討を依頼

C告訴期間に注意
犯罪によって告訴期間に制限があるものがある。また時間の経過と共に証拠が散逸し、捜査が困難化。迅速な告訴を

+-----------+

まずはすぐに弁護士や警察に相談に行くことが間違いのない対処です。


刑事手続の解説