捜査の結論


池袋で刑事事件の法律相談
【無料】池袋東口法律事務所

捜査の結論として、いくつかの道があります。

+-----------+

@裁判(起訴処分)
検察官が有罪が見込めると判断した場合に起訴→裁判へ

A釈放(不起訴処分・処分保留)
事件が罪とならない場合や、犯罪の証明がない場合に被疑者を釈放。処分保留で今後在宅で起訴される可能性が残る場合と不起訴が確定の場合がある。

B起訴猶予
起訴すれば有罪が見込めるけれども、検察官の裁量で、起訴しないこと。犯人の性格や年齢、犯罪の内容や犯罪後の状況などを考慮して決定

C略式命令請求
一定額以下の罰金・科料の刑の場合、被疑者の同意を得て、裁判を開かず、簡易裁判所が書面審理で刑を科す

D微罪処分
犯罪が軽微である一定の場合に、警察段階で被疑者に訓戒・注意などをし、送検しない

+-----------+

多いのは起訴猶予です。他方、起訴され裁判になると、99.9%有罪になるのが現実です。

もっとも、有罪といっても、執行猶予がつくことも多いです。その場合、刑務所へは行かず、釈放されます。

裁判で懲役や禁錮の判決が出て、執行猶予がつかないと、刑務所生活が始まります。

刑務所は拘置所とは違って、一般社会との関係が途切がちな、隔離された世界になります。拘置所にいる間に、知人友人への挨拶など、身辺整理を済ませておきましょう。


刑事手続の解説